大学のゼミから広がるキャリア

構成主義に基づく「自分探し」の学習環境デザイン

大学のゼミから広がるキャリア
構成主義に基づく「自分探し」の学習環境デザイン

久保田 賢一(監修)山本 良太(編著)岩﨑 千晶(編著)岸 磨貴子(編著)
A5判 272ページ
出版社: 北大路書房
言語: 日本語
ISBN 978-4-7628-3098-3
発売日: 2020/2/25

書籍内容

大学ゼミ教育を通して,自分探しの過程を描き,構成主義の立場からゼミにおけるキャリア教育のあり方を探る。各著者が学生時代を振り返り,どのようにキャリアについて考えて行動してきたかのライフストーリーを紹介。自分のやりたいことや生き方を考える上での悩み,さらには自分の壁を越えるためのアドバイスも提供する。

目次

まえがき

第1部 構成主義とゼミの学習デザイン
 1 わたしの学校体験と構成主義
 2 越境するゼミ活動 :「今のわたし」から「なりたいわたし」へ
 3 学習環境づくりのプロセス

第2部 卒業後のわたしとゼミ
 4 ゼミ生がとらえた学習環境とそこでの学び :卒業生・在学生のエピソードから
 5 なりたい自分を実現するためのデザインを描くゼミナール教育
 6 タテとヨコ、ときどき教授
 7 教えるではなく導く
 8 国際協力における学習共同体の実践
 9 野火的な学びとその学習環境
 10 高等教育における真正な学びが学生に与えるインパクト
 11 余白のある活動への参加をとおした学びと成長
 12 人とつながる、そして学ぶ
 13 社会人大学院生として学ぶこと
 14 ゼミ活動と卒業後のつながり

    ◎コラム1 自分と向き合うコツを学んだゼミ
    ◎コラム2 たくさんの人との出会い
    ◎コラム3 成長を促す「放置主義」
    ◎コラム4 挑戦し続ける人生
    ◎コラム5 時が経ってもなお得る学び
    ◎コラム6 今の自分につながる出会い
    ◎コラム7 「挑む」ということ
     ◎コラム8 久保田メソッド
    ◎コラム9 自分の生き方を問い続ける
    ◎コラム10 久保田ゼミで学んだこと
    ◎コラム11 研究の道を共に走ってくれる人

  引用・参考文献
  あとがき

このサイトをフォロー

質的データ分析研究会の最新情報を受け取る

郵便受け
月1~2回、本サイトの更新情報、質的研究や混合研究法、ツールの使い方、イベント情報などEmailで受け取ることができます。