ダリット女性の司法へのアクセスを促進するツールとしての集団行動 – MAXQDAによるフォーカスグループディスカッションの分析

MAXQDA Research Blog 翻訳版

Guest post by Lisa van Aalst(Monday, May 4, 2020)

読者の皆様へ

この度、2回目にして最後のフィールドリサーチ・ダイアリーとして、MAXQDAと共に歩んだ研究の旅路について書かせていただくことになりました。私は修士論文の一環として、「ダリット(*)女性と司法へのアクセス -インドのウッタル・プラデーシュ州の農村部におけるジェンダーとカーストに基づく差別からのサバイバーための司法アクセスの分析」というテーマで研究を行いました。

前回は、ジェンダーとカーストの交錯点にあるダリット女性が、司法制度へのアクセスが制限されるなど、厳しい差別にどのように直面しているかを紹介しました。ダリット・コミュニティ内で高まる抵抗は、彼女たちが直面している不正に立ち向かい、社会正義の権利を主張しています。

*: インドのヒンドゥー教社会における被差別民

女性グループとのフォーカスグループディスカッション

研究におけるフォーカスグループディスカッション

今回のフィールドワーク・ダイアリーでは、どのようにMAXQDAを使ってデータを分析してきたかをお伝えしたいと思います。ダリットの女性や人権擁護者、その他の関係者への半構造化インタビューに加えて、私は 2 回のフォーカスグループ・ディスカッションを行いました。フォーカスグループとは、グループの中でインフォーマルにインタビューを行う定性調査の方法です。通常、一般的なフォーカスグループ・ディスカッションには、6~12人程度が参加します。研究者は、議論の進行役を務めますが、非指示的であることを心がけます。研究者は、一人の人間に支配されず、すべての参加者に平等に発言する機会を与えるような議論を進行させなければなりません(Neuman, 2011, p.459)。

本研究プロジェクトでは、2 つのフォーカスグループ・ディスカッションを実施しました。1つ目はバラナシ郊外の女性グループとのディスカッションです。このグループは、学校への就学率の低さ、夫のアルコール依存、女性の雇用機会の創出など、地域社会の問題に取り組んでいます。約1時間のディスカッションには7人の女性が参加しました。

議論の中で女性たちは、自分たちの経験、コミュニティで直面している課題、そしてグループでどのようにしてそれらの課題に対処しているかを共有しました。ここでは、グループのリーダーが自分たちのグループがさまざまな課題にどのように対処しているかを共有することで、議論が大いに盛り上がりました。

バラナシ地方裁判所での弁護士フォーラムとのフォーカスグループディスカッションの様子

第2回目のディスカッションは、バラナシ地方裁判所で行われたアドボケイト・フォーラムで行われました。このフォーラムでは、カーストに基づく犯罪を取り上げ、法的な専門知識をもってサバイバーを支援しています。1時間に及ぶこのディスカッションには10名の支援者が参加し、女性グループのディスカッション同じくらいの時間議論し、各自の経験を共有していました。

アドボケイト・フォーラムでの支援者グループ

MAXQDAを用いてフォーカスグループのディスカッションを分析する

MAXQDAを使ってフォーカスグループのディスカッションを分析してみました。以下では、私が使用した機能のいくつかと、フォーカスグループの議論を有意義に分析するのに役立つかもしれないコツを取り上げます。

  1. MAXQDA を開くことから始めました。ここで重要なのは、通常の文書をインポートするのではなく、フォーカスグループのトランスクリプトをインポートすることで、後でフォーカスグループ分析のための適切なツールをすべて使用できるようにすることです
  2. ファイルをインポートするとトランスクリプトが表示されます。私が見つけた便利なコツは、「発言者名:」後にスペースを使うことです。MAXQDA は発言者ごとの箱を作成して、一人の発言者がディスカッション中に発言したすべての内容にアクセスできるようにします。この発言者変更ツールは、私の分析の際に非常に役に立ちました。例えば、女性グループとのディスカッションの際に、ある一人の女性が多くの貢献(発言)をしているのに対し他の女性から貢献は少なかったのですが、これはグループ内での力関係の不均衡に起因している可能性があることを発見しました。
  3. 次に、グループ内の一人の個人の貢献を個別に概観しておくと、参加者を一様なグループとして扱うのではなく、より個別に参加者と関わることができて便利だと思いました。
  4. 同様に、フォーカスグループのトランスクリプトでマウスの右クリックを使用すると、性別や年齢などの変数を挿入できるディスカッションのすべての参加者の概要が表示されます。そして、さまざまな変数を有効にできます。話者固有の変数とテーマ別のコーディングの組み合わせを使用した分析が可能となります。例えば、あるテーマのコードが男性と女性のどちらがより頻繁に使用されているか、あるいは異なる年齢層のグループがどのような議論をしているかなど、テーマ別のコードを分析することができます。
フォーカルグループ・ディスカッション参加者ごとの貢献の概要

MAXDAによるデータの視覚化

もう一つ注目したいのは、MAXQDAにはさまざまな視覚化ツールが用意されていることです。MAXQDA の図解ツールは、平易な文章に視覚的な違いを与えるという点で研究論文のコミュニケーションを豊かにし促進するだけでなく、分析にも視覚的に貢献してくれると私は信じています。

  • 例えば、テーマ別のコードを丸や四角や数字で表現したコードマトリクスを作成することができます。
  • 視覚化のためのもう一つの興味深いツールは、ワードクラウドで、どの単語が繰り返し出てきて、分析に重要な意味を持つかを表示するものです。当然のことながら、前置詞や接続語はこの雲の中に出てきて、その後削除することができます。
  • 最後に、文書のポートレートを作成し、コードをグループ化したり、文書内のどこで発生したかをバーやグラフで表示したりすることができます。
フォーカスグループ・トランスクリプトの頻出語ワードクラウドと、削除された単語のストップリスト

研究結果

インドのウッタル・プラデーシュ州の農村部で文献に基づく調査と5ヶ月間の現地調査を行った結果、以下の結果が得られました。

第一に、インドで最も残虐行為の多い州であるウッタル・プラデーシュ州では、残虐行為とアンタッチャビリティーの慣行がいまだに蔓延しています。ここでは、女性は性的暴力に直面しており、未成年者が標的にされるケースが多く、ほとんどの場合、加害者はサバイバーの知り合いです。報告された事例の数は全体のごく一部に過ぎず、社会的なスティグマのために大多数の事例が報告されないままであることを特に強調する必要があります。

第二に、この研究は女性集団による集団行動が司法へのアクセスに重要な役割を果たしていることを明らかにしました。同様に、集団行動の他の構造が、サバイバーが司法にアクセスする上で重要な役割を果たしていることが明らかになりました。この事例研究では、サバイバーに法的支援を提供するアドボケイト・フォーラム、草の根レベルで活動しさまざまな利害関係者を結びつけている地元のNGO、制度レベルで専門知識とネットワークを共有している国の組織NCDHRなどを挙げています。

次に、ダリット・コミュニティの権利は憲法上保障されており、特別な法律が整備されているにもかかわらず、現実はかなり異なっていることが調査により明らかになりました。警察やサバイバー側の認識不足、グラムパンチャヤット(村評議会)レベルでの紛争解決、社会的スティグマから事件を登録しないこと、制度的な負担、支配的なカースト犯罪者との癒着など、様々な理由があります。最も重要なこととして、社会だけでなく制度の中にもカーストの偏見が存在することが、カーストやジェンダーに基づく差別を体系的な問題としその解決を困難にしています。

ウッタル・プラデーシュ州バラナシのガンジス川の夕暮れ

おわりに

先に述べたように、これが私の MAXQDA との研究の旅についての最後の投稿です。数ヶ月前、私は自分の研究を完成させ、それを守り、そして、開発マネジメントの修士号を無事に取得しました。

この場を借りて、MAXQDA #ResearchforChange Grant 2019の3人の受給者のうちの1人に選ばれたことと、MAXQDAチームのサポートに感謝の意を表したいと思います。インドの農村部でフィールドリサーチを行うためのモビリティ奨学金を受けたほか、MAXQDA Analytics Pro Studentのライセンスを取得し、優秀で熟練したトレーナーとの2回のオンライントレーニングセッションを受け、自分の研究にMAXQDAを最適に使う方法を教えてもらいました。MAXQDAを研究に使うことで、私は多くの点で助けられました。それに加えて、MAXQDA が提供するさまざまなツールが、私のデータをさまざまな視点から分析し、重要な情報を明らかにしてくれました。

MAXQDAを使った私の研究の旅はここで終わりを迎えましたが、私は自分の専門的なキャリアの中で、あるいはさらなる研究を追求しながら、MAXQDAを使うことを楽しみにしています。

2019年のMAXQDA助成金は、女性のエンパワーメントに関する研究を支援しました。このことを踏まえて、私は、研究の旅の中で勇敢でレジリエンスのある女性たちに出会った後に、非常にインスピレーションを受けた以下の引用文で、この投稿を終えたいと思います。

Here’s to strong women
May we know them
May we be them
May we raise them

About the Author

Lisa Marie van Aalst graduated with an M.A. in Development Management from the Ruhr University Bochum, Germany.
Her research project titled “Dalit women and Access to Justice – An analysis of accessing justice for the survivors of gender and caste-based discrimination in rural Uttar Pradesh, India” took place in rural areas of Uttar Pradesh, India.
Click here for further information on the National Campaign

このサイトをフォロー

質的データ分析研究会の最新情報を受け取る

郵便受け
月1~2回、本サイトの更新情報、質的研究や混合研究法、ツールの使い方、イベント情報などEmailで受け取ることができます。