シュンドルボンにおける塩分侵入: MAXQDAを用いたインデックス化と変数のコーディング – クロス表分析の例

MAXQDA Research Blog 翻訳版

Guest Post by Raka Sen (Monday, April 6, 2020)

これは、インドとバングラデシュのシュンドルボン・マングローブ林での社会学的データの収集とコーディングについて記したフィールドワーク・ダイアリーの初回掲載です。

シュンドルボンは、世界的に最も気候変動の影響を受けやすい地域の一つです。気候変動は、インドの西ベンガル、インド、バングラデシュのシュンドルボン・マングローブ林でのくらしと生計の手段を変えようとしています。畑が水浸しになり、季節がずれ、塩分の浸入が進み、農民は働けなくなっています。仕事がないということは、生活に必要な他要素、例えば食料の調達や安定した住居などを確保できないことを意味します。家庭と仕事の観念はジェンダーの観念と表裏一体であり、気候変動はシュンドルボンにおけるジェンダー・ダイナミクスを恒久的に変えようとしています

この写真では満潮時のシュンドルボンのマングローブ林を見ることができる。木は半ば水中に沈んでおり、小さな木製のボートは地元の人たちが使用するために置かれている。漁などの仕事ができるタイミングは潮の満ち引きに依存する。

シュンドルボンでのフィールドワーク

私は、インドとバングラデシュのシュンドルボン地方で半年間、民族誌的なフィールドワークを行ってきました。4,000平方フィートの森であるシュンドルボンは、ベンガル湾の沿岸、北端に位置するマングローブ林の地域です。シュンドルボンはバングラデシュとインドの間に位置し、バングラデシュのクルナ地区、サトキラ地区、バガーハット地区、インドの西ベンガル州の南24パルガナス地区、北24パルガナス地区にまたがっています。

この沖積地は、現在最も気候変動に悩まされている風景の一つです。三角州は、ガンジス川/パドマ川、ブラフマプトラ川(ヒマラヤ山脈から三角州に流れ込み結合している)と、メグナ川という3つの川によって作られた世界最大級の三角州の一つです。ヒマラヤの2つの川は、湾に大量の土砂を運んでおり、自然に非常にダイナミックな景観を作り出しています。しかし、気候変動はこの自然のダイナミクスを急激なスピードで破壊しています。強力な生態系の力と同様に、この景観の破壊は、そこに住む人々に多大な社会的・経済的影響を与えています。

私の研究の目的は、気候の公平性、ジェンダー、開発の不平等というレンズを通じ、気候変動に直面する中での災害がジェンダーの格差を悪化させる一つの道筋を理解することでです。具体的には、塩分の多い水を最初にもたらした壊滅的なサイクロン被害から10年続く土壌の塩分濃度増加によって、日常の仕事の変化がどのように引き起こされたかを示そうとしています。

塩水の残骸から地面が割れ、白い塩分を残している。

シュンドルボンが長年直面している災害のプロセスの一つに塩分の侵入があります。シュンドルボンへの塩分の侵入は、海面上昇や海洋酸性化などにより、森の名前の由来となっているスンダリマングローブの木が徐々に枯れていくという複雑な生態学的プロセスによって引き起こされます。マングローブの木は非常に強い根を持ち、それらが絡み合って海岸を守っています。この地域は高潮で有名ですが、マングローブの木はその影響を軽減することで知られています。マングローブの木が枯れると、シュンドルボンの海岸線は急速に衰退していきます。この海岸浸食は、シュンドルボンに住む400万人の人々に多大な影響を与えています。

塩分の侵入

シュンドルボンの村では伝統的に、各家庭には池があり、飲用水源として、入浴のための水として、淡水魚を飼育する場所として、洗濯物や食器を洗う場所として、またトイレの水として使用されてきた。サイクロンが発生し海面が上昇すると、これらの池はその土地と一緒に(高額なジオ・エンジニアリングを用いずに)不可逆的に塩漬けになり、淡水魚は死に絶え、農地は使用不能になり、この水を入浴に使う人々には健康上の問題が続きます。女性は通常、一日に何時間もかけて淡水を汲み(平均往復10km)、家を建て直し、以前は容易に利用できた資源を手に入れるために、より多くのエネルギーを費やしています。

塩分の侵入は、彼らの仕事の仕方も完全に形を変えてしまいます。シュンドルボンの人々の生活は、終わりのない、しかし様々な形態の仕事によって締め付けられていることがわかりました。男性の場合は、一時的な移住(昔ながらの農業に頼ることができなくなったため)や、リスクの高い仕事、人のために働くことが増え、伝統的な農業の仕事は激減しています。

MAXQDAを用いたエスノグラフィック手法と分析方法論

私は今、ペンシルバニア大学の社会学の博士課程3年目です。プログラムの最初の2 年間は夏にシュンドルボン地方で調査をしていました。その間の回答者は合計で186人(女性118人、男性68人)です。1年目には、3ヶ月の間にできるだけ多くの村を訪問してその土地の状況を把握することに費やし、シュンドルボンでは沿岸部の村々で農民や土地のない日雇い労働者を調査しました。

ダッカとカルカッタでは、開発実務者、教授、林業関係者、研究者などに話を聞き、都市部がシュンドルボン地域をどのように見ているのか、どのような研究があるのか理解することができました。

村ごとの違い

私は、10の異なる村々(塩害が発生している村は8つ、発生していない村は2つ)を訪問しました。塩害が発生している村のうち、5つは淡水や塩分を含まない土地を完全に失っており、他の3つの村でもこれらの資源が急速に失われつつありました。

私はこの区別を、完全に塩漬けにされた村と、まだ塩の浸入の過程を経ている村とに分けて解釈しています。このようにして、この地域に対する理解を深めリサーチ・クエスチョンをを形成していききました。

質素な家屋に池が隣接する伝統的なシュンドルボンの家。

後半の3ヶ月間は、主にインドとバングラデシュの2つの村を選びました。インドの村では丸1ヶ月、バングラデシュの村では2週間半を過ごしました。また、バングラデシュのシュンドルボン出身の回答者の一人が、シュンドルボンからダッカへ仕事のために一時的に移動する際にも同行し、人力車の運転手を務める彼と彼の仲間を約1週間観察しました。

MAXQDAによる大量データの整理とコーディング

トポロジーによる村のインデックス付け。

10の村からのフィールドノートと、186人の回答者へのインタビューとメモを持ってフィールドから戻ってきたとき、分析したい文書の量の多さに非常に圧倒されました。MAXQDAが提供している、データをコーディングしたり、地理的なニュアンスを調べたりするさまざまな方法に助けられました

私の分析ステップは以下の通りです。

  1. バングラデシュの現地のトランスクリバーと翻訳者の助けを借りて、すべてのインタビューを書き起こす。
  2. トランスクリプトをMAXQDAにインポートする。
  3. 最初に、ファイルをそれぞれの村にあったフォルダに分ける。
  4. 次に、各村の主な違いをメモに書き始める。
  5. 独立変数:塩分濃度および、従属変数:労働パターンの変化(職業、家事労働、情緒労働、介護労働)をコーディングする。
  6. また、サイクロンの影響、自然との関係、土地所有パターン、健康問題、移住願望、NGOや政府の支援、コミュニティとの結びつきについてもコーディングを行う。

クロス表を用いた混合法分析

そして、MAXQDAのクロス表機能(メニュー:混合研究法→クロス表)を使って、特定の村の間で変数ごとのコード数を比較してみました。

例えば、次のスクリーンショットは、塩分濃度の高い村2と塩分濃度の低い村1のコードを比較したクロス集計です。これを見ると、1村の人たちは生活の中での幸せについてよく話しているのに対し、2村の人たちは塩分の侵入や、自分たちが対処しているサイクロンの余波を主に気にしていることがわかります。

村ごとにコードを比較することで、パターンを確認、理解することができる。

私の今後の研究は、最初の研究を実証的に構築し、気候変動への日常的な適応がシュンドルボンのジェンダー・ダイナミクスを再形成している多くの経路を探っていきたいと考えています。また、シュンドルボンへの2回目の訪問で使用した方法論的モデルを発展させる予定です。最初の2年間のフィールドワークの間にも見られた違いによって、時間の経過とともに変化していることがわかるようになってきているので、分析的にも有用です。今後、この地域に長期滞在することで、さらに発展させられるのではないかと想像しています。

MAXQDA の機能について、特に混合研究法のアプローチが質的調査にどのように利用できるかという点で、これからも学び続けていきたいと思っています。次回のフィールドワーク・ダイアリーでは、自分のデータを伝えるために、MAXQDAのビジュアルツールを使ってグラフィックを作成する方法について書きたいと思います。

About the Author

Raka Sen is a Ph.D. student in Sociology at the University of Pennsylvania, USA. The fieldwork phase of her research project titled “Adaptation Labor: Gender, Work, and Climate Change in the Sundarbans” is currently underway in rural Sundarban villages in Bangladesh. Make sure to keep an eye out for Raka’s next fiedlwork diary entry right here in the MAXQDA Research Blog!

 

このサイトをフォロー

質的データ分析研究会の最新情報を受け取る

郵便受け
月1~2回、本サイトの更新情報、質的研究や混合研究法、ツールの使い方、イベント情報などEmailで受け取ることができます。