質的研究のためのエスノグラフィーと観察

質的研究のためのエスノグラフィーと観察

マイケル アングロシーノ(著/文)柴山 真琴(翻訳)

A5版 168頁
出版社: 新曜社
言語: 日本語
ISBN 978-4-7885-1476-8
発売日: 2016/4/19

書籍内容

エスノグラフィー研究をする者は、客観的なデータ収集と主観的な洞察とのバランスをとりながら、人々の日常生活の参与観察者となる―フィールドサイトの選定から報告書の作成まで、倫理的問題や21世紀のエスノグラフィーの姿にも配慮しつつ参与観察を伴うエスノグラフィー研究の鍵となる事項を具体例を示しながら掘り下げて解説。


20世紀末にかけて、エスノグラフィーの研究方法をめぐる議論は、データ収集やフィールドでの役割を見つける問題から、フィールドについて書き、フィールドから報告するという問題へとますます比重が移っていった。エスノグラフィーのデータ分析では、人々の行動、相互作用、実践のパターンを見つけることに関心が向けられるようになった。
本書では、このようなエスノグラフィーによる研究と観察研究の鍵となる事項について、掘り下げて解説されている。(本書について(ウヴェ・フリック)より)

目次

編者から(ウヴェ・フリック)
「SAGE質的研究キット」の紹介
質的研究とは何か
質的研究をどのように行うか
「SAGE質的研究キット」が扱う範囲
本書について(ウヴェ・フリック)
はじめに

1章イントロダクション─エスノグラフィーと参与観察
 エスノグラフィーを用いた研究小史
 社会文化理論とエスノグラフィー
 エスノグラフィー─基本原理
 定 義
 方法としてのエスノグラフィー
 産物としてのエスノグラフィー
 スタイルと文脈としての参与観察

2章エスノグラフィーの有効性─エスノグラフィーの方法によって、
どのようなトピックを効果的かつ効率よく研究できるのか
 エスノグラフィーの方法─その一般的有効性
 エスノグラフィーによる研究の実例
 エスノグラフィーの方法─研究上の特有の課題
 エスノグラフィーの方法─研究の場面

3章フィールドサイトの選定
 自己目録作りから始める
 フィールドサイトを選ぶ
 ラポール

4章フィールドでのデータ収集
 「事実」と「現実」
 メモ:応用的エスノグラフィーについて
 3つの主要な技法の領域
 観 察
 インタビュー
 文書研究

5章観察について
 観察の定義
 観察研究のタイプ
 観察研究の課題
 観察研究のプロセス
 妥当性の問題
 観察者のバイアス
 公共の場所での観察
 倫理と観察研究

6章エスノグラフィー・データの分析
 パターン
 データ分析のプロセス
 メモ:エスノグラフィー・データの分析における
    コンピューターの使用について

7章エスノグラフィー・データの表現方略
 伝統的な学術的形式でのエスノグラフィー・データの表現
 文書形式でのエスノグラフィー・データの他の表現方法
 文書を超えて

8章倫理的配慮
 研究に関係する倫理的配慮のレベル
 制度的機構
 研究倫理の個人的次元
 結 論

9章21世紀のエスノグラフィー
 変化しつつある研究文脈─テクノロジー
 変化しつつある研究文脈─グローバリゼーション
 変化しつつある研究文脈─バーチャルな世界

訳者あとがき
用語解説
文 献
人名索引
事項索引

 

このサイトをフォロー

質的データ分析研究会の最新情報を受け取る

郵便受け
月1~2回、本サイトの更新情報、質的研究や混合研究法、ツールの使い方、イベント情報などEmailで受け取ることができます。